このページの先頭

京都健康情報局 保健師Kの「お元気ですか?」

プロフィール

京都情報局 局長 K

京都健康情報局
局長 K

秋といえば・・・

2018年10月10日 ⁄ 保健師 K

こんにちは。
保健師のKです。
急に暑くなったり寒くなったりと、気温の変動が激しいですが、
皆様はいかがお過ごしでしょうか?

さて、皆様は秋といえば・・・何を連想されますか?
食欲、スポーツ、芸術、読書、ハロウィン、紅葉・・・などなどありますが、
私は何といっても「食欲」の秋です。
さんまやきのこ、根菜類、果物など、様々な食材に恵まれるこの季節。
色々食べたいものがあって、ついつい食べ過ぎていまうことってありませんか。

なぜ、秋になると食欲が増すのでしょうか?
秋になると食欲が増す原因について調べてみました。

?夏バテからの回復
  夏から秋になって気温が低下すると、体温を維持するために熱を作ろうと基礎代謝が上がり、それだけエネルギーを使うため、食欲を増します。

?日が短くなったため
  日に当たる時間が短いと脳内のセロトニンという食欲などをコントロールする物質が減少します。
  秋になると日照時間が短くなるので、たくさん食べることでセロトニンの量を増やそうとします。

?旬の食材が豊富
  秋は旬の食材が豊富です。見た目にも美味しい食材などを見ると、以前食べた味の記憶がよみがえり食欲が増します。

?冬に向けての備え
  寒い冬には体温を一定に保つためのエネルギーが必要で、そのエネルギー源を確保するために、できる限り食事をしておくという本能があります。

なるほど、と納得いく理由ばかりですが、
「食欲の秋」だからといって食べ過ぎて、体重が増えてしまうことがないように気を付けてくださいね。
私も気を付けないといけませんが...(笑)
「スポーツの秋」で身体を動かしつつ、いろいろな秋を楽しんでくださいね。